税理士法人青色会計は
青色申告のメリットを
最大に活かして
正しく節税申告します。

派遣と請負の違い

請負とは、請負業者が注文主と請負契約を結んで仕事を引き受け、請負業者自身が雇用する労働者を指揮命令して、請負業者の責任で仕事を完結させるものです。

請負の場合は、労働者派遣と異なり、業務の遂行に関する指示や、労働時間管理に関する指揮命令については、請負業者自らが行います。

 

派遣とは自己の雇用する労働者を、雇用関係の下に、注文主の指揮命令を受けて、注文主の労働に従事させることをいいます。大手企業では、派遣免許の取得の有無を厳しく確認する流れになっています。

 

特定派遣免許の廃止

特定派遣免許から一般派遣免許へ移行する場合は、配慮処置があるが、新規に特定派遣免許の取得は不可となり、後述の厳しい要件を満たす必要があります。

 

派遣申請手数料

法定費用

新規申請の為の印紙 12万円

登録免許税       9万円

 

 

法人の謄本(履歴事項全部証明書)について

履歴事項全部証明書の事業目的に「労働者派遣事業」が明記されていること。

※「事業目的追加」で対応できます。

事業目的追加の登録免許税は3万円です。

 

 

派遣元責任者講習受講証明書

 派遣元責任者講習受講証明書が必要です。

1日、受講するだけの講習です。

労働者新聞は開催日程は少ないですが安いです。

 

資産要件(税務署押印書類で提出する場合)

1.基準資産が2000万円以上(現預金は1500万以上)

基準資産=資産総額-負債総額-繰延資産

 

例:預金1500万、売掛金1000万、開業費50万、買掛金500万

 

○2550-500-50=2000万 OK!

 

預金  1500  買掛金  500

売掛金 1000  資本の部 2050

開業費  50

---------------------------------------

    2550     2550

 

例:預金2000万、売掛金800万、開業費100、買掛金900万

 

×2900-900-100=1900万 NG!

 

預金  2000  買掛金  900

売掛金  800  資本の部 2000

開業費  100

---------------------------------------

    2900       2900

 

預金を多く保持しないといけないため、現実的にはかなり難しいです。

また、最初から資本の部がこれだけ大きい会社は現実には少ないです。

 

 

 

 

 

月次決算を行う場合(監査証明をつける場合)

月末に増資をし、預金を会社にいれます。

 

例:預金100万円 資本金100万円の会社に月末に1900万増資

 

預金 100  資本の部100

 

     ↓ 1900万増資

 

預金 2000 資本の部 2000

 

 

------------------------------------------------------------

 

例:預金300万円 売掛金200万円 未払金 1000万 資本の部 -500万

いわゆる債務超過状態の会社の場合

 

預金   300  未払金  1000

売掛金  200  資本の部 -500

---------------------------------------

     500       500

 

     ↓ 2500万増資

 

預金  2800  未払金  1000

売掛金  200 資本の部  2000

-------------------------------------------

    3000       3000

 

3000-1000=2000万 OK!

 

その後、提携公認会計士ににて監査証明をつけます。

 

事務所要件

個人情報保護の為、面談スペース、文章管理がしっかりしている必要があります。

また、就業規則などを整える必要があります。

 

派遣免許取得でお困りの方、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ